ヘルニア治療は専門の治療院で根本的に解決!

Contents

  • 椎間板ヘルニアは早めに対処しよう

    椎間板ヘルニアになってしまうと本当に痛みが神経に当たるような痛みになってしまうので本当に何をするにも辛い、というような毎日になってしまうでしょう。酷くなってしまうと手足にしびれを感じてしまうよう…

    もっと読む
  • 椎間板ヘルニアを改善させる方法とは

    痛みやしびれを伴う椎間板ヘルニアですが、現在では手術をしなくとも治ることがほとんどです。また痛みを軽減させるストレッチやマッサージもあって、こうした対策はヘルニア改善にも効果があります。ただしス…

    もっと読む
  • ヘルニアの原因とその対処法とは?

    ヘルニアは腰痛の原因の一つとされており、なんと日本人の約十人に一人が症状に悩んでいると言われています。なぜヘルニアになってしまうのか、その原因は様々です。まず一つは加齢によるものです。二…

    もっと読む
  • ヘルニアの再発を防ぐためのポイント

    ヘルニアというのは治れば、それで終わりというわけではありません。いつかまた再発する恐れもあります。なぜ再発してしまうのかと言えば、それは主に日常における姿勢や動作が原因です。たとえば重いものを持…

    もっと読む
サイトマップ

ヘルニアの原因とその対処法とは?

ヘルニアは腰痛の原因の一つとされており、なんと日本人の約十人に一人が症状に悩んでいると言われています。なぜヘルニアになってしまうのか、その原因は様々です。
まず一つは加齢によるものです。二十歳を超えると椎間板には変化が現れます。座ったり屈んだりなどの動作で椎間板に負荷がかかり、加齢による衰えもあって徐々にダメージが蓄積されていきます。それに加え腰に負荷がかかる動作を長時間続けていれば、たとえ若くてもヘルニアになってしまう恐れがあるのです。
腰に負担をかけないためにも正しい姿勢でいることは重要なポイントであり、とにもかくにも負荷のかかる行為は長く続けないことが大事です。特に座るという行為は負担になるため、適度に立ち上がったり、ストレッチをしたりなどして休むことが大切です。
またヘルニアは遺伝によって生じることもあります。特に衰えていない若い年齢の方がヘルニアになってしまった場合、血縁者に症状を持っている人がいる可能性が高いです。といっても血縁者にヘルニアに悩んでいる人がいるからといって、必ずしも同じ症状になるわけではありません。ただ遺伝の影響も少なからずあるため、もし血縁者にいるなら、腰に負担がかかる行為はなるべくしないほうがいいでしょう。

TOP